錦糸町にあるパーソナルトレーニングジム

女性のダイエットは簡単じゃない

こんにちは!

プライベートジムVIBRUN錦糸町・住吉店です!

女性の身体は複雑です。

あなたが思っている以上に複雑です。

女性のお客さんのカウンセリングをする時に

女性のダイエットの難しさや頑張りどころのお話をしています。

筋トレ

女性と男性の違い

『女と男は違う生き物』

このような言葉を耳にしたことがありますか?

身体の作りでみれば確かに違う生き物です。

保健の授業で身体の作りの違いは

習ったことがあると思いますがそれ以外にも

ホルモンバランスなど違いはたくさんあります。

男性はダイエットを始めれば

自分の頑張り次第でいくらでも痩せることができます。

めちゃくちゃ頑張ればその頑張りに比例して結果が出ますし、

頑張りが足りなかったら痩せにくいです。

一言でいえば男性のダイエットは簡単です。

海

最悪、水を普段より飲むことと食物繊維を食べること

この二つさえすれば徐々にですが痩せていきます。

メンタルが強い方だとパーソナルジムに通わなくても痩せれます。

ですが、女性の身体は生理の関係でそんなに甘くありません。

どれだけ頑張っても体重も体脂肪も落ちずにむしろ増えていく時があります。

女性がダイエットを始める場合は

まず、身体のことを理解してから始めた方が

モチベーション維持につながりますし、結果も出やすくなります。

ホルモンバランスと生理

1ヶ月のホルモンの分泌量を線グラフにすると、

男性の場合は変化がなく一直線ですが

女性は生理の影響でホルモンバランスが乱れるので変化が激しく波打っています。

ホルモンの分泌量が激しく変化することで、

女性は1ヶ月で性格が4回変わると言われています。

ジム

そして

生理3日〜10日前にPMS(月経前症候群)というものが起こります。

このPMSは精神的、肉体的不調に繋がります。

精神的不調で

  • イライラ
  • 不安
  • 落ち込み
  • 涙もろい

このよう症状が現れ

情緒が不安定になりますいです。

肉体的不調では

  • 肌荒れ
  • むくみ
  • 頭痛
  • 吐き気

これらになるので

身も心もボロボロになってしまいます。

このような絶不調になるPMSを引き起こす原因が

プロゲステロンというホルモンです。

生理前はプロゲステロンの分泌量が増えるのです。

「そんなホルモンなくなればいいのに!」

と思うかもしれませんが

プロゲステロンは妊娠に必要なものなので、なくすわけにもいきません。

ですが生理周辺で分泌量が増えるホルモンは

プロゲステロンのようなダイエットの壁になるホルモンだけではありません。

生理後にはエストロゲンという

ダイエットの大きな味方となってくれるホルモンがやってきます。

エストロゲンは代謝を活性化してくれるので痩せやすくなります。

このエストロゲンは生理が始まって

4日目ぐらいから分泌量が増え出し10日目までの間、増え続けます。

なので、

ダイエットを頑張るのは生理4日目からです。

生理前に増えた体重以上に生理後は体重、体脂肪ともに落とせるので

生理4日目〜10日の間が頑張りどころになります!

トレーニング

制限ダイエットや置き換えダイエットを頑張ろうと思っている人は

生理4日目〜10日の間が効果で出やすいのでオススメです。

まとめ

女性のダイエットは自分の身体の働きを理解することが大切です。

生理前はプロゲステロンの分泌が増え、むくみやすくなるので、

体重が減るどころか増えやすくなります。

そしてPMSを発症すれば精神的不調から

イライラして気分が落ち込みやすくなります。

そんな時に生理前は体重が増えるので、

ダイエットを頑張っているのに体重が増えるという仕打ちで

モチベーションが急降下してしまうと思います。

残念

生理前は体重が増えるものと認識しておくだけで

モチベーションの急降下を阻止できます。

そして生理後のエストロゲンの分泌量が増える、

痩せやすい期間を把握しておくことで

ダイエットの頑張りどころを知っていることが

ダイエット成功の大きな鍵になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です