錦糸町にあるパーソナルトレーニングジム

ダイエットが大切なトレーニング

こんにちは!

プライベートジムVIBRUN錦糸町・住吉店です! 

パーソナルトレーニングやお一人でのトレーニングで用いられる

下半身だけではなく全身の筋肉を使える

万能トレーニングのスクワット。

筋トレBIG3と言われダイエットをするとなれば必ずと言っていいほど取り入れられるトレーニングの1つです。

パーソナルジムでもよく用いるトレーニングです。

ダイエットだけでなく、ボディメイクでも取り入れる人が多いのではないでしょうか?

トレーニング

パーソナルジムにカウンセリングに来るお客さんで

脚を細くするためにスクワットをしているお客さんも数多くいてました。

ですが、今まで脚を細くするために実践していたスクワットを見させて頂くと

脚を細くするどころか太くなるフォームでしていたお客さんが多かったです。

あなたのしているスクワットはどうですか?

スクワットは目的によってフォームや意識するポイントが変わってきます。

正しいフォームでスクワット

『スクワットは痩せる』

『脚を細くするならスクワット』

『ダイエットするならスクワット』

SNSやテレビ、本でダイエットやボディメイクをする人に

めちゃくちゃオススメされているスクワットですが、

スクワットには種類が様々ある事をご存知ですか?

1つ1つ意識するポイントやフォームが異なるので

もちろん、鍛える筋肉も変わってきます。

『ヒップを引き締めたい』

ヒップ

あなたが気にしているその悩みをスクワットで解決できます。

ですがヒップを引き締めたくてスクワットをしているのに

ヒップではなく太ももの前側に効いてしまうパターンに陥る人が多いです。

そして太ももの前側に効いている人のほとんどが

スクワットは太ももの前側に効くトレーニングと思い込み

スクワットを続け太ももがみるみるたくましくなっています。

太ももの前側に効いてしまう人のやり方でよくあることは

背中が丸まり姿勢が悪い

ただ単にしゃがんで立ってを繰り返す

しゃがむ時以上に膝を前に出している

ヒップを意識せず行ってる

これらの良くないポイントが共通しています。

このポイントがスクワットをしていて当てはまる人は

フォームを見直して正しいフォームでスクワットをしてください。

フォームを見直せと言われても正解がわからないと

見直すこともできないので次は

ヒップに効かせるためのポイントを見ていきましょう。

トレーニング

ヒップを使うスクワット

背中が丸まり姿勢が悪い

○胸を張り姿勢を良くする

これができていないと全くヒップに効かないということはありませんが、

腰に負担がかかりすぎて腰を痛める危険性があります。

腰を痛めてしまうと他のトレーニングもできなくなるので

継続してダイエットができなくなってしまいます。

胸を張り姿勢を良くすることで腰への負担が少なくなるのと同時に

全身を使ってスクワットができます。

せっかくトレーニングするなら全身を使い効率よく

トレー二ングしてエネルギーを大量に使うことがオススメです。

脂肪

◇ただ単にしゃがんで立ってを繰り返す

○しゃがむ時は股関節の屈曲を意識する

ただ単にしゃがむだけだと鍛えたい筋肉が使えません。

ヒップに効かせるためには股関節の屈曲は必須です。

股関節を屈曲し骨盤を後ろに引くことで

しっかりヒップの筋肉が伸びるので

ヒップに効くスクワットができます。

◇しゃがむ時異常にに膝を前に出している

○膝は前に出てもいいが出しすぎない

膝が異常に前いに出ると膝に負荷がかかりすぎるので

膝を痛めてしまいます。膝は歩いたり階段の上り下りでは

必ず使う関節なので痛めてしまうと日常生活に支障をきたします。

膝が前に出てもヒップに効かなくなることはありませんが、

骨盤を後ろに引くことを意識する時の膝を前に出さないようにすることで

骨盤を後ろに引くことを意識しやすくなります。

股関節の柔軟性があれば膝を前に出さずにできますが

股関節が硬いと膝を前に出さないとバランスを崩すので

多少は膝が前に出ても大丈夫です。

◇ヒップを意識せず行ってる

○ヒップを意識する

トレーニングをする時には

トレーニングで今から使う筋肉を意識することは重要です。

意識する方が効きやすくなりますし、

自然と効かせるためのフォームになります。

ジムでトレーニングをしているマッチョマンが

鏡を見ながらトレーニングをするのはこのためです。

ジム

まとめ

スクワットはフォームや意識を変えるだけで

効かせれる筋肉が変わるまさに万能トレーニングです。

他にも太ももの内側の筋肉に効かせるスクワットなどがあります。

あなたのダイエットやボディメイクの目的にあったフォームで

スクワットをし理想の身体に近づきましょう

プライベートジムVIBRUNではパーソナルジム にてパーソナルトレーニング以外にも同施設内にございます、リラクゼーションサロンにてリラクゼーションやコンディショニングも受けられるのでコンディショニングページをチェックしてみてください!

コンディショニングページ→ https://vibrun.jp

お申しみは当HPの【無料カウンセリングお申込み】または下記のURLからお申し込みいただけます。

LINE → http://nav.cx/bmYYMdq

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です