錦糸町のパーソナルトレーニングジム

ダイエット中におすすめ出来ない飲み物3選

こんにちは。

パーソナルジムVIBRUN錦糸町・住吉店です。

ダイエットをする時に水分を摂取することは大切です。

ですが、ダイエット中に飲んでしまうと痩せにくくなる飲み物があるので今回は、ダイエット中におすすめ出来ない飲み物をご紹介していきます。

ダイエット中におすすめ出来ない飲み物3選

白湯

ダイエットでは水分の摂取が大切ですが全ての水分が痩せやすくなる水分ではありません。

太ってしまう水分や痩せにくくなる水分があります。

◇おすすめ出来ない水分トップ3

  1. アルコール
  2. 清涼飲料水
  3. コーヒー

この3つがダイエット中にはおすすめ出来ない水分になります。

1.アルコール

アルコールに関しては、痩せにくくなる物と太ってしまう物にわかれます。

基本的に蒸留酒など糖質が少ないアルコールは痩せにくくなる水分に分類されます。

  • ハイボール
  • 焼酎

糖質量が多いアルコールは、太りやすいアルコールになります。

  • ビール
  • 日本酒
  • カクテル

2.清涼飲料水

清涼飲料水は、糖質の多いものが多く太りやすい水分になります。

エネルギーに変わりやすいという点もあるので運動前や運動中に飲む分には問題ないのですが運動しない日や寝る前に飲むと太ってしまう可能性があるので清涼飲料水は飲むタイミングに注意してください。

3.コーヒー

コーヒーは、飲み過ぎ注意で飲みすぎてしまうと痩せにくい水分になります。

コーヒーに含まれるカフェインの過剰摂取が問題です。

カフェインを取りすぎると利尿作用があるので尿がいっぱい出て痩せるイメージがあると思いますが利尿作用を利用しすぎて水分を体外に出すと脱水状態になり代謝の低下やむくみの原因になります。

更にカフェインを摂取することで脳みそが覚醒状態になり、寝る前に飲んでしまうと睡眠の質が悪くなってしまうので痩せにくくなります。

カフェインは脂肪燃焼効果があるのである程度、摂取しても大丈夫ですが取りすぎには注意してください。

ダイエット中におすすめの飲み物

お腹

ダイエットの時は、アルコールや糖質、カフェインが入っていない、もしくは少ない飲み物を飲む事がポイントです。

✔︎ダイエット中おすすめの飲み物

  • ルイボスティー

水分は体の大きさにもよりますが1日2〜3Lを目安に飲む事がポイントです。

2〜3L水分を摂取するとむくんでしまうと思うかもしれませんが、水分を摂取する事で体内にある古い水分と老廃物、毒素が一緒に尿として体外に出るので痩せやすい体の状態になります。

ですが、水分を取って尿を出したくなった時に我慢してしまうと抗利尿ホルモンが分泌され尿意がなくなり、体に水分が溜まってむくみの原因になるので尿意がきたら直ぐ尿を出すことが大切です。

また、睡眠中は体外に水分を出せないので寝る前に水分を取りすぎるとむくみの原因になるので、注意してください。

【最後に】ダイエット中におすすめ出来ない飲み物3選

ダイエット中は水分を適量摂取することが必要不可欠ですが、水分の種類によっては太ってしまう、痩せにくくなる原因になります。

✔︎おすすめ出来ない水分

  1. アルコール
  2. 清涼飲料水
  3. コーヒー

おすすめ出来ない水分が全て、太ってしまう、痩せにくくなる水分になる事はありません。

飲むすぎや飲むタイミングによってはダイエットに効果的な物があるので摂取する量やタイミングに注意してください。

ダイエットする時は、水分の種類や摂取する量に気をつけて水分を摂取してください。

自力でダイエットに挑戦して上手く行かなかった方は、パーソナルジムを利用することもおすすめです。

パーソナルジムVIBRUN錦糸町・住吉店でパーソナルトレーニングをお考えの方は、トップページの無料カウンセリング申込みフォームまたはLINEからお申し込みください。

トップページはこちら