マグネシウムというミネラルはご存知でしょうか?

マグネシウムは体の機能を正常に動かすために必要な“必須ミネラル”の1つです。

今回は実際にマグネシウムが体のどこに作用しているのか、不足するとどうなるのかなどを解説していきます。

ナッツ

マグネシウムは藻類、魚介類、大豆類などに多く含まれるミネラルであり、骨や筋肉、血などに関わる栄養素です。

ダイエットにも利用されているアーモンドやひまわりの種などのナッツ類にも多く含まれており、手軽にとれるミネラルですが、その反面不足しやすい栄養素として知られています。

マグネシウムのはたらき

マグネシウムはリン、カルシウムと一緒に骨や歯を形成する他、300種類以上の酵素を活性化させる働きを持っています。

カルシウムと協力して筋肉の収縮を助けたり、血圧を下げたりする効果を持っているので、筋トレをしている方にはとても重要なミネラルとなっています。

マグネシウムが不足すると?

マグネシウムが不足することで、筋肉の痙攣(こむら返り)や高血圧、不整脈などの症状や、慢性化することで心疾患や動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

生活習慣病などの原因となる場合がありますので、不足しないよう注意しましょう。

チョコレートを無性に欲している場合、マグネシウム不足になっているとの報告もあります。(フードクレイビング)

過剰摂取の場合、血圧低下や吐き気が出る場合がありますが、過剰分は尿として排出されるため、あまり過剰摂取の心配は入りません。

マグネシウムが多く含む食材

野菜を食べる女性
  • アーモンド
  • カシューナッツ
  • あおさ
  • 納豆
  • 玄米etc...

【最後に】マグネシウムを摂取しよう!

いかがだったでしょうか?

今回は、マグネシウムの働きと多く含む食材を解説しました。

マグネシウムは筋肉の収縮や神経に作用しているため、夜中に足がつりやすかったり、日頃から体のコリやハリが強い人はマグネシウムが不足している可能性があります。(体が異常に硬い人も)

このような細かな栄養を取り逃がしていることで、原因不明の不調が身体にダイレクトに反映されます。

タンパク質をしっかり摂ったり、糖質や脂質をいかに抑えるかなどの話も大事ですが、マグネシウムなどのミネラルは不足することで大変なことにもなりますのでしっかり意識していきましょう。

パーソナルジムVIBRUN錦糸町・住吉(江東区)店では、無料カウンセリングで、お客様一人ひとりのお悩みに合わせた生活習慣のアドバイスや、体験トレーニングで、お家でできるストレッチやマッサージ方法の体験もできます!(無料カウンセリングのみのご来店も可能です)

是非1度パーソナルジムVIBRUN錦糸町・住吉(江東区)店の無料カウンセリングをご利用ください。

錦糸町・江東区エリアに通う事が難しい方向けのオンラインコースもご用意してます。